読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭脳派ポケモン考察研究所

ポケットモンスターサンムーンシングルレートにて2000を目指すためのメモ

サンムーン S2 レート2000構築 龍王輝夜

今回は自分の好きなリザXを使ってシングルレートにてレート2000を達成したので構築を公開します

f:id:chitoitsu:20170313092259j:image

【基本理念】

積んで上から殴る。

テテフの台頭により先制技の強いポケモンが減少傾向にあるため積むパーティが環境に刺さっていると感じたそれを止めに来るスカーフもちに強い積みサイクルのような構成をくみ 対面構築っぽく偽装した

【構築のポイント】

現環境にでは対面構築(スタンパ)が多くその構築において使用率の高いもちものである「気合いの襷」、「こだわりスカーフ」、「各種Zクリスタル」を意識した技構成とした。

襷対策 ステロ  ニトチャ、リフストによる殴りながらの積み技

スカーフ対策 弱点を一貫させない積みサイクル風な組み方

Zクリスタル対策 上から高火力でぶん殴る!!!

【個別紹介】

ランドロス@気合いの襷 いじっぱり

ASぶっぱ H4

じしん がんぷう だいばくはつ ステロ

基本的な先発用の襷ランド がんぷうしてステロするのがお仕事

いかくにより次の積みポケモンの耐久を底上げすることができる点がガブリアスより優秀

だいばくはつにより起点回避できる点もグッド

陽気のがいいと思う場面もあるが意地の火力も捨てがたい。

 

リザードン@リザXナイト いじっぱり

ASぶっぱ B4

ニトチャ フレドラ げきりん けんまい

一般的なけんまいニトチャリザX

環境的に刺さってるかはよくわからないが受けループへの回答およびテッカグヤが誘う炎タイプや電気タイプを起点にしていけることで採用

げきりんをドラクロ、フレドラを雷パンチにするかを非常に悩んだが受けループをみるためこの構成

けんまいげきりんエアームドの後出しを許さない

対面構築っぽくくんでいるのでXかYかわかりにくいはず(?)

フェアリーが多い環境では動きにくいかと思ったがそんなことはなかった

ただステロが痛い

 

テッカグヤ@とつげきチョッキ ようき

ASぶっぱ H4

ニトチャ ベビボン じしん いわなだれ

このパーティの地雷枠にて積みエース

特性により敵を倒すとAがあがるので削れたポケモンをニトチャで倒し擬似的にりゅうのまいを積んでいく

ニトチャ一回で116属まで抜けるのでメガルカリオウルガモスリザードンなどに上からばつぐんわざをいれることができる

積みサイクルで重くなるミミッキュを対面からニトチャからベビボンで確1のためけんまいからのZなどを許さず最小限のダメージで倒すことができる

ビーストブーストしないと火力不足のためランドで起点作りからすぐテッカグヤというパターンが多い

赤ゲージのポケモンに後出ししてもみがわりを嫌ってつっぱるのでニトチャにより擬似的にりゅうのまいをできる場面が多かった

リザードン、雷獣ボルト、ヒートロトムなどが見えたらステロを撒かないと辛い

もちものはオボンやたべのこし、達人の帯などをためしたがチョッキがしっくりきた印象

カプテテフに非常に強くなれる点が魅力

またリザXのよぶスカーフ竜技や地面技を起点にできる点でも優秀

まだまだ書きたいことがいっぱいあるのでそのうち単体考察記事かきます

起源主張します

 

ミミッキュ@フェアリーZ いじっぱり

ASぶっぱ H4

かげうち じゃれつく けんまい ちょうはつ

普通のミミッキュ

相手に先に積み展開をされると辛いので相手の積みストッパー兼積みエースといして採用

ボーマンダ、リザX、バシャーモメガルカリオなどに展開された時のためにフェアリーZで固定 (ゴーストZではボーマンダが辛すぎるので)

相手のステロ展開および積んでこようとするメガギャラドスを阻害するためにちょうはつを採用した

ちょうはつの枠はおにびやのろいも試したがちょうはつが一番しっくりきた

相手有利の盤面に投げて盤面をひっくり返す力があるため非常に強いポケモン

逆に言えばこのポケモンをみるためにニトチャテッカグヤを採用したまである

 

カプレヒレ@たべのこし ずぶとい

Hぶっぱ S156 B92 CD4

謎のSふりカプレヒレ 最速テッカグヤ抜きまで調整

テッカグヤ対策で出てくるほうしゃやどりぎテッカグヤにみがわりで展開していける

ポリ2やクレセリアなど耐久ポケモンにも強い点も優秀

バシャーモリザードン大繁殖も追い風

ミミッキュで止められない積みエースであるメガギャラドスパルシェンに強い点がよい

積みサイクル的にも他のポケモンの状態異常を防げるため優秀

もともとノーマルZで自己暗示を採用しからやぶパルシェンのロクブラ耐えて体力全快のからやぶカプレヒレで上から殴るのを考えていたがC二段階アップでも火力ないので断念

ここまでSを振る必要があるかはいまだに疑問

役割対象は物理が多いのでおだやかよりはずぶといのがよい気がする

 

ジャローダ@ゴツメ おくびょう

リフスト 蛇睨み リフレク 光合成

Sぶっぱ H244 D12

積まなくても初速から早い積みエースが欲しく採用

ランドロスが出せない場合に展開役としても使えるのでこの技構成

光の粘土持たせて両壁は一体で全抜きしていくわけではないこの構築にはあわないと思う

起点にしずらいメタグロスナットレイは壁貼って光合成だけで削れていく

蛇睨みによりワンチャンある点も強い

もっと流行ってもおかしくないと思うポケモン

ミミッキュにもばけのかわをはがしながらCを二段階あげられるというチート性能

ガルーラの弱体化によりSをガブ抜きにして耐久にふる意味は薄くなり最速にしてメガルカリオメガメタグロスに強くしたほうがいいと思われる

 

【パーティの動かし方】

まずはステロをまくべきかどうかを判断する

 襷持ちでもニトチャがあるためマンムーなら襷持ちでもカグヤの起点なのでステロをまく必要はない

次に相手のステロ展開の阻止を考える

ガブリアスのステロ展開は阻止できないがスカーフでないガブリアスはどうとでもなるのでよい

ステロ+珠コケコのマジシャでリザXが縛られるためコケコが見えた場合でリザを選出した場合はステロ展開に注意

お膳立てが済んだら刺さっているポケモンを展開していくだけ

無理に積みサイクルしなくとも立ち回り次第ではサイクル戦もできる

その場合はランドは後発もしくは連れていかないのがよい

初手でランドロスが仕事できれば8割以上の勝率を叩き出せると思います

 

【構築の反省点】

バシャーモ対策が甘く不意のZやバトン、めざ氷持ちなどにひっかきまわされると辛い(勝手にSあがるのズルすぎる)

ボーマンダ対策が甘い高レート帯ではボーマンダが少なく非常に助かったメガシンカの仕様変更により初手からジャローダの上をとられて辛い テッカグヤも耐久無振りのため舞って捨て身でゴリ押されたりブーストせずにいかくいれられると起点にされてしまう(タイプ相性とは…)

カプコケコが辛い ジャローダやリザXでみてはいるもののフェアリーZや珠持ちは辛いテッカグヤがニトチャ一回で抜けない上にミミッキュやランドもとんぼやボルチェンで逃げられステロもそんなにささらないため削りにくい

ナットレイがゲロい リザX以外では安定してみれない上にステロを撒かれるとリザXも辛い 幸いジャイロワンウエポンが多くジャローダの餌になったのはよかった

 

【総括】

orasでレート2000は何度も達成したことがあったがサンムーンシーズンでレート2000に初めて乗れたことはよかった

対戦数が多いのは途中で雨パ使って1950から1750まで溶かしたからです

雨パもそのうち公開します(需要あんのか?)

つぎのシーズンではクチートが増えそうなのでまたバシャーモが増えそうでうんざりしてます

環境に多いポケモンを起点に展開していけるこのパーティは使ってて楽しいのと同じようなパーティにほぼ当たらないので読まれないのもいいと思います

(ニトチャ積んだカグヤにルカリオ死に出しなど)

みなさんのなにかの参考になれば幸いです